還元型向けノズル

還元式接種は接種源の主成分が滅菌水であるため、粘度が低く、特殊ノズルを用いることで接種孔、ビン上部のみならず、滅菌時に培地の収縮によってできる側面などの隙間への接種が可能であり、早く蔓延させることができる。